VOICE

ピアノとの思い出

奈良県 I様(女性)から

4才から12才まで習っていたピアノでしたが、中学生になり父の転勤で引っこししたことをきっかけに趣味で弾く程度で、だんだんピアノから遠ざかってしまっていました。社会人になり、結婚した後も実家におきっぱなしで誰も弾かない飾りだけのピアノとなってしまっていましたが、母は毎年調律だけは欠かさずしてくれていました。
娘が3才のときピアノを習うこととなり、教室が実家の近くだったこともあり、大阪から奈良の実家へ2週に1回、娘と一緒に通いました。レッスンに行く前に今は亡き母が見守る中、実家のピアノに向かって娘と2人で練習したことは、今でも素敵な想い出となっています。

東洋ピアノ 買取部門統括から

ご自身からお嬢様へと、世代を超えてご愛用いただいていたのですね。
使用していなかった期間も、お母様が欠かさず調律を手配していらっしゃったからこそ、ピアノが良い状態を保つことが出来、お嬢様にも演奏して頂けたのでしょう。
大変素敵な思い出をお聞かせいただきましてありがとうございます。
買い取らせていただいたピアノは、大切に再利用させていただきました。
お客様のお声と思い出に戻る

ピアノ買取のお問い合わせ
無料査定依頼

0120-104-333

つながりにくい場合はこちらにおかけください

0538-66-6777

平日 8:30〜17:30(土日定休)

24時間365日受付中

インフォメーション

買取トップページへ